ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.xlt ファイル拡張子

開発者: Microsoft
ファイルの種類: Excel Template
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .xlt. ファイル拡張子を持つファイル .xlt 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .xlt ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .xlt ファイル?

.XLTのファイルの拡張子は、Microsoft Excelが作成したテンプレートで使用されます。 Excelのスプレッドシート、グラフやチャートを作成するための一般的なスプレッドシートプログラムであるので、 .XLTファイルは、デフォルトのスプレッドシートデータが含まれているし、新しいExcelファイルの作成 ​​に来るとき、彼らは重要です。これらのファイルは、いずれかのExcelが提供されるか、またはユーザーが作成したデータのデータにすることができ、彼らは、ユーザーが多数のブックを作成することを可能にするには大いに役立ちます。たとえば、Microsoft ExcelのモバイルなどさまざまなMicrosoft Excelのバージョンでは、これらのサポート.XLTのファイルを、システムでこれらのファイルを開くために使用することができます。別にExcelから、これらをサポートする他のアプリケーションもあります.XLTも知られているデータベースやスプレッドシートプログラムであるロータスの変換テーブルなどのファイルは、 PROCOMMプラス変換テーブル、PDFCreatorを、マイクロソフトのアプリケーションの仮想化だけでなく、MicrosoftのオープンXMLコンバータ。さまざまなアプリケーションも、単独でのExcelとは別に、これらのファイルを開くために使用することができ、これらは等PlanMaker、NeoOfficeの、LibreOfficeのCalcの、OpenOffice.org Calcの、あります

開く方法 .xlt ファイル?

起動 .xlt ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .xlt ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .xlt ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .xlt ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .xlt ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .XLTファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .xlt ファイル

Microsoft Office Excel 2012

Microsoft Office Excel 2012

Microsoft Excel is a spreadsheet program developed by Microsoft Corporation for Microsoft Windows and Mac OS X. It is a part of Microsoft Office, known for creating graphs, charts and spreadsheets, and its templates are created in a file with .xlt extension containing the default spreadsheet data, which is significant in creating new Excel files. These files can either be created by users or that which is provided by Excel, allowing users to make several workbooks. It works in calculation, graphing tools, pivot tables, and Visual Basic applications via macros. A variety of Microsoft Excel versions support the files with .xlt extension, such as Microsoft Excel Mobile support, Lotus Translation Table, PDF Creator, Microsoft Application Virtualization, Procomm Plus Translation Table and Microsoft Open XML Converter. The present version of this program, as of this writing, is Microsoft Excel 2012. There are some applications that can also be used to open these files, such as PlanMaker, NeoOffice, LibreOffice Calc, OpenOffice Calc, etc.
Microsoft Excel 2010

Microsoft Excel 2010

Microsoft Excel 2010 is one of the many versions of spread sheet tools that were released by Microsoft. This program has built-in tools which includes the ones being used for visualization and analysis which helps its users highlight as well as track the data trends which are deemed important. This version allows its users to access their data even with just the use of a smartphone or a Web browser. The file that is being created using Microsoft Excel 2010 can be uploaded to the Web which will allow it to be accessible to your colleagues as well so that you can all work together on the file. It has the capability of allowing its users to visualize the summary of their data with the use of the built-in tiny charts that can actually fit inside the cell along with the user’s text data together with Sparklines.
Microsoft Office

Microsoft Office

Microsoft Office is an office suite of desktop applications, servers and services, released by Microsoft on August 1, 1989 for the Microsoft Windows and Mac OS X operating systems. Originally, the first version of Microsoft Office contained Microsoft Word, a word processor and was previously considered the main program in Office; Microsoft Excel, a spreadsheet program that originally competed with the dominant Lotus 1-2-3; and Microsoft PowerPoint, a popular presentation program for Windows and Mac.; a marketing term for a bundled set of applications. As years passed by, Office applications have grown significantly closer with shared features such as a common spell checker, Object Linking and Embedding (OLE) data integration and Microsoft Visual Basic for Applications scripting language. Microsoft also positions Office as a development platform for line-of-business software under the Office Business Applications brand. The current versions are Office 2010 for Windows, released on June 15, 2010; and Office 2011 for Mac OS X, released October 26, 2010.The new Office 2013 (version 15 of the Office suite) is reported to be released around December 2012.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .xlt ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .xlt. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。
FIX .xltファイルアソシエーションエラーを修正する

ファイル拡張子のエラーやレジストリの問題を見つけて修正し、最適なPCパフォーマンスを迅速かつ簡単に、安全に復元します。

試す Registry Reviver® 無料。

ダウンロードを開始

コメントを残す

.xltファイル拡張機能を修正しました
ファイルアソシエーションエラーを検出して修復し、このファイルタイプがコンピュータで開かないようにします。
今すぐ修正を開始
インストール Registry Reviver®
Copyright © 2019 Corel Corporation. 無断複製を禁止します。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。