ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.scc ファイル拡張子

開発者: Microsoft Corporation
ファイルの種類: SourceSafe Source Code Control File
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .scc. ファイル拡張子を持つファイル .scc 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .scc ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .scc ファイル?

を持つファイル.sccの拡張はまたソースコード管理ファイルとして知られている、およびMicrosoft Visual SourceSafeのアプリケーションは、MicrosoftのVisual Studioプロジェクトに関連付けられているソースコード管理情報を格納および取得するためにこれらのファイルを使用している。これは彼らのプロジェクトにローカルコピーとソースコントロールした運営を実現するための迅速かつ簡単な方法をユーザーに提供するためには、Microsoft Visual Studio 2010アプリケーションに統合されたバージョン管理プロセスです。 SCCファイルに格納されたソースコード管理、これらの情報に含まれる詳細は、特定の開発者ファイルの検索との統合を容易にするために使用される特定のMicrosoft Visual Studioプロジェクトに含まれる。特定のプロジェクトに関連付けられているバージョン管理データのリポジトリは、SCCファイルをコミットされていません。 SCC形式のファイルではなく、開発者ファイルとプロジェクトに対応するリポジトリとの間のデータ伝送を容易にするために使用される。 vssver5.sccとvssver6.sccは、プロジェクトの新しいバージョン(バージョン5および6、それぞれ)に関連した例プレーンテキストSCCファイルがある間のMssccprj.sccファイルには、例えば、プレーンテキストSCCファイルです。

開く方法 .scc ファイル?

起動 .scc ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .scc ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .scc ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .scc ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .scc ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .sccファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .scc ファイル

Microsoft Visual SourceSafe

Microsoft Visual SourceSafe

Microsoft Visual SourceSafe (VSS) is a source control software package adjusted towards small software development projects. It generates a virtual library of computer files, like most source control systems. While most commonly used for source code, SourceSafe can actually handle any type of file in its database, but prior versions have been shown to be unstable when confronted with large amounts of non-textual data such as images, binary executables, etc. The SSC file is categorized as a Developer File and a SourceSafe Status File type, produced by Microsoft Corporation. The company utilizes status file for the source control. It has tracks and file revisions. This type of file is similar to FPP files. It is utilized for business settings where many people edit and use the files making sure that one file at a time is edited by one person only. Microsoft had given Visual SourceSafe and Microsoft Visual Studio 2010 if user encounters problems in opening these files. These two programs are able to open SCC files under Windows operating systems.
Visual Studio/ASP.NET

Visual Studio/ASP.NET

Visual Studio/ASP.NET is a website and Web application builder software that uses CSS, HTML, and JavaScript. This program supports three approaches which main aim is to primarily build websites. These approaches refer to Web pages, Web forms, and Model View Controller or MVC. ASP.NET Web Pages comes with Razor syntax that is able to combine server code with HMTL to have a dynamic Web content as a result. Features of this edition include database connection, linking to various social networking sites, and uploading of videos. For Web forms, Visual Studio 2012 ExpressFree is the latest version to download. This allows a user to build websites in a much easier operation using a drag and drop and event-driven model function. There are numerous controls and components with a design surface that make Web form and UI-driven sites building easier. The same edition of this software is designed for MVC in which the basis of building websites depends on patterns. This provides full control over markup and a clean separation of concerns in creating websites.
Flexera InstallShield

Flexera InstallShield

InstallShield is an application used to create software packages and MSI Installers for Windows that can be used for mobile, server, desktop and Web programs. It is the only software that can install Microsoft App-V [virtual] packages. The program generates an EXE file to be used on the target computer to be able to install payloads from the source computer [the computer that created it]. Registry settings, prerequisites and questions may be specified for the user to choose from upon installation. Projects created by InstallShield have IPR formats that contain project data such as scripts, installer dialog settings, directory structures and other settings. They store valuable information to create the installation packages. The latest version 2012 Spring has added support features for Visual Studio 2012 and Windows 8, while still supporting older and traditional programs. The database scripting abilities of Microsoft SQL Azure allows hybrid cloud deployments. It performs automatic downloads of patches and updates during runtime. It supports Enterprise transformation with its PowerShell Support and Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Support features. It has enhanced its Suite capabilities based on customer requests with its InstallShield 2012 Premier Suite Advanced UI feature. It has redesigned its wizard pages and wizard page editor to fit new generation users.
Crystal Reports versions 6 and 8

Crystal Reports versions 6 and 8

Crystal Reports is software which can make and build reports form huge data sources. Microsoft Bundled and Original Equipment Manufacturer version of Crystal reports for the purpose of general reporting tool. And Microsoft decided to make their own reporting tool which is SQL (Structured Query Language) Server Reporting Services (SSRS). Visual Studio 2012 considers Crystal Reports as add-on software. It has graphical report layout about data connection(s). User will have to choose the table and link it in a wide range data sources such as Oracle databases, Microsoft Excel, local file system information and Business Objects Enterprises business views. The reports can be placed in the design surface. The developer may specify the formulas to be evaluated keenly upon the generation of the reports. There a formatting options for the formulas. Crystal Report may also come with options the groups the data into bands, and can be ungroup according to the user's desires. Sub reports, and some GIS (Geographic information systems) functionalities and graphing are supported by Crystal Reports. The data sources that are supported are: IBM DB2, Ingres, Microsoft Access, Microsoft SQL Severs MySQL, Oracle and many more.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .scc ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .scc. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。
FIX .SCCファイルアソシエーションエラー

ファイル拡張子のエラーやレジストリの問題を見つけて修正し、最適なPCパフォーマンスを迅速かつ簡単に、安全に復元します。

試す Registry Reviver® 無料。

ダウンロードを開始

コメントを残す

.sccファイル拡張機能を修正しました
ファイルアソシエーションエラーを検出して修復し、このファイルタイプがコンピュータで開かないようにします。
今すぐ修正を開始
インストール Registry Reviver®
Copyright © 2019 Corel Corporation. 無断複製を禁止します。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。