ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.msb ファイル拡張子

開発者: Oracle
ファイルの種類: Message File
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .msb. ファイル拡張子を持つファイル .msb 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .msb ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .msb ファイル?

MSBファイルの拡張子は、Oracleが開発したOracleのバイナリメッセージファイルとも呼ばれている。これは、ユーザーがエラーのようなアプリケーション·メッセージを保存することができ、ソフトウェア管理のために使用される。それは、バイナリ形式とプログラムアラートの読めるログファイルとして迅速メッセージ参照作用を可能にするコンパイルされた形式で保存されます。それは、Oracleコール·インタフェースとアプリケーションのコール·インタフェースからの情報を提供しています。 MSBファイルは、特定のOracleアプリケーションおよび言語のために生成されています。 MSB]ダイアログボックスを表示するには、作成製品の選択]ダイアログボックスの[アイテム]ページ内のMSBパスボタンを選択します。その後、MSBファイルの名前とメッセージの3つの文字の機能を提供します。使用タイプは、MSBの使用タイプの場合にのみ、このボタンがアクティブになります。ファイル名やディレクトリには、製品IDおよび局在を示している。例えば、oraus.msb英語は、Oracle Databaseと "私たち"のための「ORA」を使用しています。 MSBの形式のファイルは、Microsoft WindowsおよびLinuxプラットフォームでは、Oracleデータベースで開くことができます。

開く方法 .msb ファイル?

起動 .msb ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .msb ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .msb ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .msb ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .msb ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .MSBファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .msb ファイル

Oracle database

Oracle database

The Oracle database is an application developed by the Oracle Corporation. It is an application known as an RDBMS which stands for Object-relational database management system. The main function of this application is for the storage and retrieval of related information. This application allows users to control concurrency or accessing similar data so that they cannot be changed or updated in such a way that would compromise the integrity of the data. This software also features read consistency which guarantees that there is consistency to a set of data within a statement and that the data cannot just be changed even if a statement is being executed. And with this application’s locking mechanism, the access of data can already be controlled so no one can make changes to it. This software is very useful for business organizations and offices requiring reliable software to manage their database information. This software is mainly associated with MSB files and runs on Windows, MAC, and Linux operating systems.
Oracle PL/SQL software

Oracle PL/SQL software

Oracle PL/SQL software is known as an Integrated Development Environment used to develop, test, debug, and optimize packages and triggers, which are considered as Oracle PL/SQL stored-program units. It is also software designed as imperative 3GL and it processes SQL commands seamlessly. This program also features descriptions for context-sensitive help and database-objects, a multi-session or multi-threaded environment, a template library, command window, a full-featured integrated debugger, a code assistant and a macro library. It allows users to develop Oracle applications easily, with guaranteed high code quality and productivity. Since the Oracle PL/SQL software processes SQL commands, it is used to open PKB files because these files are the script files that the PL/SQL software created. Like the Oracle database application, the Oracle PL/SQL software is also robust, secure and portable software. This software also comes with a latest version that features multi-user connection allowing more than one users to be connected using more than one database at a time.
ProCOBOL

ProCOBOL

Oracle corporation is the developer of Pro*COBOL. Its main function is to convert SQL (Structured Query Language) to COBOL program or native languages that the system understands and build oracle database applications. The PROS of ProCobol are the following features: Oracle database, embedded PL/SQL blocks, Full ANSI compliance, calls to PL/SQL stored procedures and bundle database calls. The CONS are it does not support user exits, oracle object types, GUI (graphical user interface), access to Oracle call interface and 16 bit code generation. Its precompiler has 4 options that help users determine how errors are reported, input and output are formatted, resources are utilized, and cursors are organized. It supports the compiler NetExpress v3.1 and v5 for windows operating systems. OOCOBOL (Object Oriented COBOL) specifications are unsupported by the Pro*COBOL. The hardware required in order to run Pro*COBOL are 4 MB of RAM, 9 MB Hard drive space and C-D ROM drive.
Omnis7

Omnis7

Omnis 7 is software first developed in the year 1990s and it is known as an application development environment or software that is used to develop applications. This software runs on various operating systems such as Windows, Linux, MAC, Solaris, etc. and is known as a classic version of Omnis IDEs. This software has been upgraded and available in higher versions like Omnis version 8 and Omnis Studio. Omnis 7 features libraries that allow users to convert to Omnis Studio. Omnis 7 is a tool that provides software developers a user friendly environment that allows access for client/server to Oracle databases, etc. Omnis 7 was developed by Omnis, Inc. and like other versions of the software; it is mainly used in building software solutions no matter what type of industries and sectors. Its complete integrated environment features allow software developers to easily design software that suits a certain industry or organization’s needs.
Crystal Reports versions 6 and 8

Crystal Reports versions 6 and 8

Crystal Reports is software which can make and build reports form huge data sources. Microsoft Bundled and Original Equipment Manufacturer version of Crystal reports for the purpose of general reporting tool. And Microsoft decided to make their own reporting tool which is SQL (Structured Query Language) Server Reporting Services (SSRS). Visual Studio 2012 considers Crystal Reports as add-on software. It has graphical report layout about data connection(s). User will have to choose the table and link it in a wide range data sources such as Oracle databases, Microsoft Excel, local file system information and Business Objects Enterprises business views. The reports can be placed in the design surface. The developer may specify the formulas to be evaluated keenly upon the generation of the reports. There a formatting options for the formulas. Crystal Report may also come with options the groups the data into bands, and can be ungroup according to the user's desires. Sub reports, and some GIS (Geographic information systems) functionalities and graphing are supported by Crystal Reports. The data sources that are supported are: IBM DB2, Ingres, Microsoft Access, Microsoft SQL Severs MySQL, Oracle and many more.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .msb ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .msb. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。
FIX .msbファイルアソシエーションエラー

ファイル拡張子のエラーやレジストリの問題を見つけて修正し、最適なPCパフォーマンスを迅速かつ簡単に、安全に復元します。

試す Registry Reviver® 無料。

ダウンロードを開始

コメントを残す

.msbファイル拡張子を修正しました
ファイルアソシエーションエラーを検出して修復し、このファイルタイプがコンピュータで開かないようにします。
今すぐ修正を開始
インストール Registry Reviver®
Copyright © 2019 Corel Corporation. 無断複製を禁止します。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。