ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.dotm ファイル拡張子

開発者: Microsoft Corporation
ファイルの種類: Word Open XML Macro-Enabled Docnument Template
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .dotm. ファイル拡張子を持つファイル .dotm 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .dotm ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .dotm ファイル?

DOTMファイルの拡張子は、2007年と2010年のドキュメントテンプレートファイルのそのバージョンで、Microsoft社が開発したMicrosoft Wordファイルのテンプレートです。 Microsoft Wordのプログラムは、ユーザーが共有し、ツールの拡張セットの助けを借りて様々な文書を作成し、Microsoftの使いやすいインタフェースによって支援することができます。そのワードプロセッシングプログラム、設定、マクロや文書のデフォルトのレイアウトを含みます。マクロは、一連のタスクを実行するために割り当てられた短いプログラムです。 DOTMファイルは、次の2つの属性、すなわち、ファイル圧縮およびZIP持つXML (豊富なマークアップ言語)を。これは、同一であるの.docx.DOCM Mはマクロを表し、Xの略したファイルのXML 。両方開くことができるアプリケーションの.docx.DOCMは 、ユーザーがそれらをしたファイルの内容を見ることができる便利なWordのコンバータを内蔵していない限り、これらのファイルを開くことができないのMicrosoft WordのMicrosoft Wordのバージョン2007または2010下位バージョンを介して行われますそれらに送られます。

開く方法 .dotm ファイル?

起動 .dotm ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .dotm ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .dotm ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .dotm ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .dotm ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .dotmファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .dotm ファイル

Microsoft Word

Microsoft Word

Microsoft Word is a word processor program that is packed in the Microsoft Office Suite. It is developed by Microsoft Corporation, generating a .doc file extension when the file is saved. A document file format (.doc) is a text or binary file format for saving documents on a storage media, mainly for computer use, like typing text, charts, tables, page formatting, graphs, images and other documents whose content is created and edited. Contents of these documents are printable in any sizes and are capable to open in other devices provided that its operating system is able to read DOC files. This .doc file extension has become extensive de facto standard for office documents, but it is an owned format and is not always totally supported by other word processors. A variety of programs that is able to open this type of file, and different operating systems and have installed programs that can open a 1ST file are: Microsoft Word, Microsoft Notepad, Microsoft Word, IBM Lotus WordPro, and Corel WordPerfect.
Microsoft Write

Microsoft Write

Microsoft Write (MS Write) software is a word processing application, created for earlier versions of Microsoft Windows, and has a new counterpart word processing program, the Microsoft WordPad, which is bundled with later versions of Microsoft Windows. It uses files with .wri extension as output files that are generated by the software. These files are word documents and MS Write can develop its visual presentation with the use of .wri documents where users are able to format and make layouts. Early versions of Microsoft Works application as a word processing software can be utilized to open and view the contents of .wri format. Other applications that are able to open and view .wri files are Corel WordPerfect Office X6 and some word and text editors for Microsoft Windows based system, such as Microsoft Word 2010, Microsoft Notepad, and Planamesa NeoOffice application or the so called Microsoft Word 2011 in the Mac version.
Microsoft Works

Microsoft Works

Microsoft Works is incorporated package software that was developed by Microsoft. It is less expensive, smaller, and has fewer features than Microsoft Office or other office suites. Its central functionality includes a word processor, a spreadsheet and a database management system. Newer versions have a calendar application and a dictionary while older versions included a terminal emulator. Files with WPS extension is utilized for output files of the Microsoft Works word processing application. These files are classified as text documents that can be created, saved, viewed and edited using the Microsoft Works program. Microsoft Word 2010, Microsoft Publisher 2010, Planamesa NeoOffice, and OxygenOffice Professional are some of the applications that are able to open and view the content of these WPS files. The contents of these WPS files can also be exported to other compatible word document formats. This promotes convenience and efficient document presentation, group collaboration and sharing between users of different systems and word processing applications; however, WPS document cannot be applied with macros and other formatting options available in Microsoft Word; so Microsoft discontinued support and development of the Microsoft Works application with its version 9 and the release of Microsoft Word 2010.
Microsoft Office Word Viewer

Microsoft Office Word Viewer

Microsoft Word Viewer is a separate freeware program for Microsoft Windows that lets users (who do not own Microsoft Word), view and prints documents that were made in Microsoft Office. Microsoft Word Viewer is not available for sale but it can be downloaded from the Microsoft website for free. In order to check over viewed documents it is required to copy the text to the clipboard and paste into an alternative editor. According to the terms of the Microsoft Word Viewer 2003 license agreement, the software may be installed and used to view and screen print documents made with Microsoft Office software. It may not be used for any other purpose. Supported file formats in Microsoft Word Viewer are: doc, docx, docm, dot, rtf, wri, txt, htm, html, mht, mhtml, XML, wpd, and wps. For viewing Office Open XML text documents (docx, docm), the "Microsoft Office Compatibility Pack for Word, Excel, and PowerPoint 2007 File Formats" must be installed.
Microsoft Word 2010

Microsoft Word 2010

Microsoft Word 2010 is a tool being used for word processing which is a part of the Microsoft office 2010 which was developed by Microsoft. It has improved features which aim to help its users in creating documents of skilled-quality and at the same time providing its user easier ways to access files. It was specifically designed with premium formatting tools which aid in the organization and writing of documents in an easier manner. Microsoft Word 2010 offers it users a wide variety of new and enhanced tools. It has customizable themes which aim to coordinate fonts, graphic formats as well as colours in a document. It has a wide variety of SmartArt graphics which includes several layouts in order to organize picture diagrams as well as charts. It offers an enhanced version of Find tools as well as Navigation Pane which makes it easier to search, reorganize and browse documents.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .dotm ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .dotm. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。
FIX .dotmファイルアソシエーションエラー

ファイル拡張子のエラーやレジストリの問題を見つけて修正し、最適なPCパフォーマンスを迅速かつ簡単に、安全に復元します。

試す Registry Reviver® 無料。

ダウンロードを開始

コメントを残す

今すぐ.dotmファイル拡張子を修正する
ファイルアソシエーションエラーを検出して修復し、このファイルタイプがコンピュータで開かないようにします。
今すぐ修正を開始
インストール Registry Reviver®
Copyright © 2019 Corel Corporation. 無断複製を禁止します。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。