ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.cwk ファイル拡張子

開発者: Apple
ファイルの種類: ClarisWorks Document
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .cwk. ファイル拡張子を持つファイル .cwk 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .cwk ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .cwk ファイル?

クラリスドキュメントファイルは、クラリスソフトウェアスイートに含まれるアプリケーションのデータ出力ファイルとして分類される。これらの出力文書はCWK形式で格納され、この形式で保存されたファイルが付加され.cwkの拡張機能。 AppleWorksのソフトウェアスイートにバンドルされているツールは、文書出力ファイルとしてこれらのCWKファイルを使用。 Appleがマルチメディアオブジェクトの多種多様な埋め込み文書のプレゼンテーションを作成するためのワードプロセッシング機能の有用なセットをユーザに提供するために、これらのソフトウェア·スイートとCWK形式を開発した。クラリスワークスは、彼らが1998年にこれらのCWKファイルの内容をクラリスワークスを買収した後、後にアップルがAppleWorksのに変更された生産性向上ツールのクラリススイートは、テキスト、グラフ、表、デジタル画像、図、表計算データやページレイアウトのブロックを含むことができ開発要素。これらのマルチメディアオブジェクトは、CWKファイルの作成者によって入力され、AppleWorksのスイートに含まれるツールを使用して他の人が開いて編集することもできる。

開く方法 .cwk ファイル?

起動 .cwk ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .cwk ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .cwk ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .cwk ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .cwk ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .cwkファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .cwk ファイル

Apple ClarisWorks

Apple ClarisWorks

Apple ClarisWorks is a former name of what is now called AppleWorks, which was a computer software developer created in the year 1987 by Apple Computer, or popularly known as Apple Inc. (the new name of the company). It used to have its own copyrights and source code to some programs like MacPaint and MacWrite so it can be separated and differentiated from between some software activities and hardware or OS activities. After 3 years, ClarisWorks became an owned subsidiary, and bought an integrated application. Another year after, the name ClarisWorks was official from its original name Claris, but it took 11 years before it was rebranded to AppleWorks for Mac computers. Prior to that, this software developer came out with upgrades to give a modern and user-friendly interface, which was evident on MacWrite Pro, MacDraw Pro and FileMaker Pro. The downside is that it lacks some features when compared to Microsoft suite.
Apple AppleWorks

Apple AppleWorks

AppleWorks a software which started out as Claris works, was a business suite product used mainly for office presentation and documentation. This is a combination of page lay-outing, presentations, spreadsheets, databases, image manipulation and word processing, all contained in a single software. All of these were combined to form a flawless suite that works perfectly together. To encourage user creativity, AppleWorks has a dynamic library which is directly accessed by its customers. This library showcases a choices of Internet-based templates that the users can choose from to make business cards, invitations, mailing labes and others that would put a personal touch in the design of their documents. In some versions, with the help of the XTND framework of Claris,users have an option to save files in whatever format they prefer, Word processing documents and spreadsheets can be saved in Microft format. Drawing frames can also be used in a spreadsheet document, a paint frame can be opened and edited in a drawing document, which made complex and creative layouts. Spreadsheets, movies, texts, and images can be combined in a single document with just one click, using its featured formatting tools.
Apple Pages 4.1

Apple Pages 4.1

Apple Pages 4.1 is the 18th version and one of the newest versions of Page, a word processor software with page layout function too for Apple devices with Mac OS X and iOS operating systems. This is also part of the iWork productivity suite with easy to use interface and tools to create document files. This application also has pre-designed templates available with various themes to select from, which include letters, outlines, resumes, flyers, envelopes and posters, located at the Template Chooser tool. Like other word processors, a user can insert images aside from texts on the documents simply by drag and drop function using the Media Browser. In fact, this browser enables a user to access different kinds of media to iPhoto, iMovie, iTunes as well as Aperture. It also imports documents from other applications such as Microsoft Word documents. Pages 4.1 was released on July 20, 2011 which featured support for Mac OS X Lion with auto save, full screen, and character picker. This version was succeeded by Pages 4.2 exactly a year after the release of the 4.1 version.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .cwk ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .cwk. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。
FIX .cwkファイルアソシエーションエラー

ファイル拡張子のエラーやレジストリの問題を見つけて修正し、最適なPCパフォーマンスを迅速かつ簡単に、安全に復元します。

試す Registry Reviver® 無料。

ダウンロードを開始

コメントを残す

.cwkファイル拡張子を修正しました
ファイルアソシエーションエラーを検出して修復し、このファイルタイプがコンピュータで開かないようにします。
今すぐ修正を開始
インストール Registry Reviver®
Copyright © 2019 Corel Corporation. 全著作権所有。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。