ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.lbt ファイル拡張子

開発者: Microsoft Corporation
ファイルの種類: FoxPro Label Memo
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .lbt. ファイル拡張子を持つファイル .lbt 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .lbt ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .lbt ファイル?

LBTファイルの拡張子は、Microsoft Corporationによって作成されたFoxProのラベルメモに使用されます。 LBTは、Visual FoxProが使用すると、テキストのメモ。LBXファイルが含まれている。これは、Web、デスクトップおよびデータベースアプリケーションを作成するために使用されるツールのセットです。 Visual FoxProは、そのオペレーティングシステムとしてMicrosoft WindowsにMicrosoft Corporationによって開発されたデータベースのプログラミング言語です。 Visual FoxProのために利用プラットフォームは、x86および開発状況は、その更なる発展が原因で、プログラムの人生はすでにそれが達したいと思うものを達成して、そのクリエイターの信念に不必要と考えられてきたことを意味するコードの保守中であるである。もともとは二枚目、構文、プログラミング言語のdBaseのに基づいており、言語のクラスのメンバーとして知られていた。 VFP(Visual FoxPro)は1984年にフォックスソフトウェアによって作成されたFoxProの(FoxBASE)に由来するものであった。両方のMicrosoft Corporationおよびフォックス技術が1992年に合併した場合に単語「視覚」が追加されました。

開く方法 .lbt ファイル?

起動 .lbt ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .lbt ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .lbt ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .lbt ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .lbt ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .lbtファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .lbt ファイル

Visual FoxPro

Visual FoxPro

Visual FoxPro is the object-oriented RDBMS [relational database management system] that enables you to create desktop and Web database solutions. It provides fast application development tools to maximize productivity of applications and components for your database, powerful data management capabilities and flexibility for creating any type of database solution. Its object-oriented, data-centered language lets you create multi-layered, scalable and modern programs that combine server/client computing and the Internet. Visual FoxPro’s event and object models can quickly apply the applications that you have rapidly developed using Visual FoxPro wizards, toolbars, designers and wizards. You also have the advantage to speed up the development of your processes with Visual FoxPro’s Rushmore Query Optimization engine and object-oriented programming properties. You can create your user interface without programming requirements. You can simultaneously access database components, and trace and protect changes made to your source code using sources control programs provided by the Project Manager. You can control other applications using automation, share data and use their materials. Visual FoxPro integrates direct access to native server syntax utilizing SQL pass-through with higher level of support for updatable views of server data. PRG [Visual FoxPro Program File] is the text program file used to create Windows database programs. This file contains one to several commands that instruct Visual FoxPro to load a window or form within the program. It often has a “DO” command. It allows a program to be run within Visual FoxPro. MLB [Visual FoxPro Library] file contains an API that is specifically used for Mac to create database programs using Mac platforms only. It contains a common program code that may be accessed by multiple components of an application. VCX [Visual FoxPro Class Library] file contains a reference table of categories of objects used by Visual FoxPro database.
FoxPro

FoxPro

FoxPro, a procedural programming language and database management system created by Fox Software, has been widely used even before it was turned over to Visual FoxPro. It still enjoys a strong support from its community of programmers and users up to this day. FoxPro versions 2.0, 2.5 and 2.6 are compatible with Mac, DOS and Windows 3.1 to XP. Version 2.6 is compatible also with Linux and Free BSD, SCO Unix and Windows 2000. FoxPro 2 used Rushmore, an optimizing engine that used indices to look for matching expressions, to accelerate data updating and data retrieval. FoxPro 2 was built originally on Watcom C++ that has its own extensor making it the most up-to-date technology at that time. It could access expanded and extended memory making it able to utilize almost all available RAM [DOS]. If HIMEM.SYS is not loaded, FoxPro enabled a mechanism of using interrupts when extended memory driver is absent. File formats associated with FoxPro: ACT [FoxPro Documenting Wizard Action Diagram], APP [FoxPro Generated Application], DBC [FoxPro Database], DBF [Database File], DBF [FoxPro Table], DBG [FoxPro Debugger Configuration], DBT [Database Text File], DCT [FoxPro Database Memo], DCX[FoxPro Database Index], ERR [FoxPro Compilation Error], FKY [FoxPro Macro], FLL [FoxPro Dynamic Link Library], FMT [Foxpro Format File], FPT [FoxPro Table Memo], FRT [FoxPro Report Memo], FRX [FoxPro Report], FXP [FoxPro Compiled Program], LBT [FoxPro Labeled Memo], LBX [FoxPro Label File], LST [FoxPro Documenting Wizard List], MEM [FoxPro Variable File], MNX [FoxPro Menu], MPR [FoxPro Generated Menu Program], MPX [FoxPro Compiled Menu Program], NDX [dBASE Index File], PJX [FoxPro Project], PJT [FoxPro Project Memo], QPR [FoxPro Generated Query Program], QPX [FoxPro Compiled Query Program], VUE [FoxPro 2.x View Settings], WIN [FoxPro Window Settings], TBK [FoxPro Memo Backup], SPR [FoxPro Generated Screen File], SCT [FoxPro Form Memo] and SCX [FoxPro Form].
Advantage Database Server

Advantage Database Server

Advantage Database Server is a client-server data management solution software, which provides data access through SQL or Indexed Sequential Access Method (ISAM), also referred to as direct navigational commands. It is the solution needed for different types of database applications: standalone database, Internet database and network database. This program features a variety of native development user interfaces that are helpful in giving leverage to users regarding the tools. In addition, this product is designed with zero administration plus stability, security with encryption support, and integrity of data to easily access them via Java, Visual Studio, Visual Objects, Visual Basic, Visual FoxPro, Delphi, as well as mobile devices like Android tablets and smartphones, and iPhone. What this means is that any database accessed and processed through servers won’t be corrupted or damaged. Users are also flexible to work and manage database since this software product uses different platforms of various development languages.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .lbt ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .lbt. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。
FIX .lbtファイルアソシエーションエラー

ファイル拡張子のエラーやレジストリの問題を見つけて修正し、最適なPCパフォーマンスを迅速かつ簡単に、安全に復元します。

試す Registry Reviver® 無料。

ダウンロードを開始

コメントを残す

今すぐ.lbtファイル拡張子を修正する
ファイルアソシエーションエラーを検出して修復し、このファイルタイプがコンピュータで開かないようにします。
今すぐ修正を開始
インストール Registry Reviver®
Copyright © 2019 Corel Corporation. 無断複製を禁止します。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。