ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.gsd ファイル拡張子

開発者: Profibus and Profinet International
ファイルの種類: General Station Description File
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .gsd. ファイル拡張子を持つファイル .gsd 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .gsd ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .gsd ファイル?

GSDファイルの拡張子は、PROFIBUS&PROFINETによって開発された一般的なステーションの説明ファイルに使用されます。 ASCII構成は、プロセスの自動化または分散型周辺装置のために使用される。 PROFIBUS GSDなどのテキストエディタを使用して作成することができ、通常は、改行で区切られた構成情報とキーワードが含まれています。 PROFIBUSは、フィールドバス通信に使用される。自動化技術は、最初BMBF(BundesministeriumエリーゼBildungウントForschung)によって1989年に導入され、また、シーメンスが使用している。これは、フィールドバスと呼ばれるマスタープランを作成する計画をエコー。その主な焦点は、フィールドデバイスのインターフェースに必要な要件を満たすことができるビットシリアルフィールドバスの使用を可能にすることである。ビット雑誌は、単一のワイヤを使用した時のデータを1ビットを送信ビットシリアルアーキテクチャである。これは、ディジタル信号処理のために1960年代に開発されました。 2つのバリエーションは、日付、つまりPROFIBUS PAとPROFIBUS DP、請求前の後者のモニタが計測しながら、アクチュエータやセンサを操作する機器に使われ続けている。

開く方法 .gsd ファイル?

起動 .gsd ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .gsd ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .gsd ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .gsd ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .gsd ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .GSDファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .gsd ファイル

Profibus GSD Editor

Profibus GSD Editor

GSD Editor developed by Profibus can create and edit GSD (General Station Description) files. Creating GSD files is important for it will stand as ASCII text set up codes that allows network devices such as sensors, controllers, motors and so on to communicate to the users’ systems. Profibus GSD editor can help networking devices or other devices that needs GSD files such as Eurotherm products like process controllers, Remio, T630, Eycon, PC3000 family, MACO, T630 dual loop process controller, 2604 and 2704 multi-loop controllers, 4100 chart recorders, and more. The Eurotherm products can directly connect to Profibus DP networks because of the Profibus GSD Editor. This can perform on windows 32 bit operating systems. Profibus GSD editor version 5.1 minimum hardware requirements are 100 MB HDD space, 1024 x 768 pixel resolution, and Pentium or IBM compatible PC. GSD editors easy to manage interface has editing, checking and creating toolkits.
Omron CX-Profibus

Omron CX-Profibus

Omron CX-Profibus is software that actually stands for Process Fieldbus. The software was developed by Omron and it is known as a popular support tool, supporting a variety of functions in areas such as in engineering, operation, maintenance, commissioning and diagnostics. Profibus is a tool used to enable the devices of different manufacturers to intercommunicate without the need for special interface adaption. It features a communication protocol, defining layers of communications such as the Physical Layer, the data link layer, network layer, transport layer, session layer, presentation layer and the application layer. The software also has the ability to determine and distinguish types of device such as master device or slave device types. The main component of the Omron CX profibus is the Device Catalogue that maintains a list of the DTM and GST files installed, provides convenience when it comes to list sorting and categorizing, allows list updates as well as provides selected DTM detailed information.
Notepad2

Notepad2

The Notepad2 application is a more advanced text editor for Windows developed by Florian Balmer. This program originated from the original built-in Microsoft Notepad which is why it is also effective and fast even when it is small. Notepad2 also has a lot of features such as syntax highlighting that allows a text or a source code to be displayed using different fonts and colors. This syntax highlighting feature of notepad2 allows users to write programming language easily and distinctly. This amazing function of Notepad2 is also owing to several other features it possess such as auto indentation, regular and expression-based find and replace feature, bracket matching, newline conversion, encoding conversion as well as multiple undo and redo features. These features make the function of the simple Notepad more advanced and it makes Notepad more interesting to use either to open files in .txt format or to write HTML codes. Notepad2 also supports many programming languages such as ASP, C++, Perl, Java, etc.
Microsoft Notepad

Microsoft Notepad

Notepad is a basic text editor used to create plain documents. It is commonly used to view or edit text (.txt) files, and a simple tool for creating Web pages, and supports only the basic formatting in HTML documents. It also has a simple built-in logging function. Each time a file that initializes with .log is opened, the program inserts a text timestamp on the last line of the file. It accepts text from the Windows clipboard. This is helpful in stripping embedded font type and style codes from formatted text, such as when copying text from a Web page and pasting into an email message or other “What You See Is What You Get” text editor. The formatted text is temporarily pasted into Notepad, and then immediately copied again in stripped format to be pasted into the other program. Simple text editors like Notepad may be utilized to change text with markup, such as HTML. Early versions of Notepad offered only the most basic functions, such as finding text. Newer versions of Windows include an updated version of Notepad with a search and replace function (Ctrl + H), as well as Ctrl + F for search and similar keyboard shortcuts. It makes use of a built-in window class named edit. In older versions such as Windows 95, Windows 98, Windows Me and Windows 3.1, there is a 64k limit on the size of the file being edited, an operating system limit of the EDIT class.
Microsoft Works

Microsoft Works

Microsoft Works is incorporated package software that was developed by Microsoft. It is less expensive, smaller, and has fewer features than Microsoft Office or other office suites. Its central functionality includes a word processor, a spreadsheet and a database management system. Newer versions have a calendar application and a dictionary while older versions included a terminal emulator. Files with WPS extension is utilized for output files of the Microsoft Works word processing application. These files are classified as text documents that can be created, saved, viewed and edited using the Microsoft Works program. Microsoft Word 2010, Microsoft Publisher 2010, Planamesa NeoOffice, and OxygenOffice Professional are some of the applications that are able to open and view the content of these WPS files. The contents of these WPS files can also be exported to other compatible word document formats. This promotes convenience and efficient document presentation, group collaboration and sharing between users of different systems and word processing applications; however, WPS document cannot be applied with macros and other formatting options available in Microsoft Word; so Microsoft discontinued support and development of the Microsoft Works application with its version 9 and the release of Microsoft Word 2010.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .gsd ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .gsd. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。
FIX .gsdファイルアソシエーションエラー

ファイル拡張子のエラーやレジストリの問題を見つけて修正し、最適なPCパフォーマンスを迅速かつ簡単に、安全に復元します。

試す Registry Reviver® 無料。

ダウンロードを開始

コメントを残す

.gsdファイル拡張機能を修正しました
ファイルアソシエーションエラーを検出して修復し、このファイルタイプがコンピュータで開かないようにします。
今すぐ修正を開始
インストール Registry Reviver®
Copyright © 2019 Corel Corporation. 全著作権所有。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。