ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.epf ファイル拡張子

開発者: Planit Software/Entrust Intelligence
ファイルの種類: Edgecam Educational Part File/Entrust Entelligence
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .epf. ファイル拡張子を持つファイル .epf 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .epf ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .epf ファイル?

.epfファイル拡張子は、様々な用途で使用されている。 EdgeCAMの約学生を教育し、訓練するために使用されているすべてのファイルはすべて、このファイル形式であることを特徴の一つは、それがEdgeCAMの教育部品ファイルとして使用されます。このファイルタイプでは、 .epfはソフトウェアのファイルバージョンをダウンロードしてからユーザーを防ぐことができ、データを保存するために使用されている。 EdgeCAMのファイルが内にある場合.epf形式、これは彼らが教育目的のために純粋にあることを意味します。二つの特徴と、それがカプセル化PostScriptに関連して使用されている.epfファイルがイメージまたは埋め込 ​​むことができる文書を保存するために使用するファイルです。三、 .epfファイル拡張子はEntrustのインテリジェンスソフトウェアによって使用されます。それは、デジタルIDに使用されるソフトウェアは、主にセキュリティ上の目的のために使用。デジタル形式の人物に関するデータや情報が一緒に保存されている.epfファイル拡張子。 4つは、このファイルの拡張子は、WebSphere Development Studioの商用目的でのプロファイル情報を保存するために使用されます。そして最後に、このファイルの拡張子はまた、Outlookからの電子メールメッセージが保存されたすべての、またはすべてが含まれていることを特徴Microsoft Outlookの電子メールのファイルタイプとして使用されている.epfファイル拡張子を。

開く方法 .epf ファイル?

起動 .epf ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .epf ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .epf ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .epf ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .epf ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .epfファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .epf ファイル

EdgeCAM

EdgeCAM

Edgecam is a Computer Aided Manufacturing system (CAM), which is a system that usually works with Numerical controls. This provides the user with a toolpath generation with sophistication and is recommended for Mill-turning, milling, and Turning. EdgeCAM has many application concerning different fields such as EDGECAME Production Milling, EDgeCAM 4 and 5 Axis, EDGECAM Turning, EDGECAM Mill Turn, EDGECAM 3D Milling, EDGECAM Strategy Manager, EDGECAM Part Modeler, EDGECAM Waveform, EDGECAM Solid Machinist, EDGECAM Consultancy, EDGECAM MCS and EDGECAM Wire EDM. The minimum specification for the software to run is at least 32-bit or 64-bit Intel Pentium 4 processors 2GHz or higher, 2 GB for Windows Vista and Windows 7 and 4 GB for 64-bit systems. EDGECAM will need at least 10 GB of space from the Hard Drive, A graphics card with a minimum of 128 for Wireframe and 256 for Solid Model system, at least 1280 x 1024 screen resolution, Internet Explorer 6 or higher, Internet connection for the activation of the product.
Entrust Entelligence

Entrust Entelligence

Entrust Entelligence is a suite of applications in providing security to employees for efficient working, effective communications, improve compliance to regulations, and securely use products and services online. One of its suite of applications is the Security provider that provides management and organization to digital IDs automatically that secures an enterprise' capabilities and addressed security requirements from a single client-based solution. The user can also secure emails with various users outside your own messaging environment with its E-mail and E-Statement Encryption or Messaging Server by automatically encrypting emails before it is delivered to external recepients without requiring any additional desktop software or end-user action. The software's Group Share also helps addressing issues through provision of automatic, transparent and persistent encryption of sensitive data using its patented group key technology. And lastly, encryption and digital signatures for trusted third parties of Solo helps in securing exchange of data by allowing users to generate and exchange personal digital ID used in securing data exchange between Solo users and Entrust enterprise customers
IBM WebSphere Application Server for Microsoft Windows

IBM WebSphere Application Server for Microsoft Windows

IBM WebSphere Application Server is a program that enhances the delivery of applications through efficient operations, reliability, control, security and developer productivity. It covers features such as application health management, intelligent routing, dynamic clustering, messaging infrastructure resiliency enhancements, enhanced detection and protection from memory leaks. Improved operations for WebSphere Application Server include WebSphere batch enhancements, selectable IBM Websphere SDK Java Tecnology V6.0 or V7.0 Edition support, Java V7.0 automatic resource management [ARM], bean security configuration in OSGi blueprint XML file, HPEL [high performance extensible logging] log viewer enhances filtering by using trace record extension and log, XCT [cross component trace], IBM support assistant data collector for improved troubleshooting and improved administrative audit options. For Windows 2000 and 2003 [32bit WebSphere Application Server], it requires AMD Opteron, Intel EM64T [32bit OS] or Intel Pentium at 500 MHz, at least 512MB or 1GB recommended memory, CD-ROM drive, at least 990MB free disk space to install the software including SDK.
IBM WebSphere Application Server for Linux

IBM WebSphere Application Server for Linux

The IBM WebSphere Application Server for Linux presents a Java-based program server on Linux with support for open standards like Web services such as UDDI and SOAP and [J2EE] Java 2 Enterprise Edition. This application speeds up the delivery of new services and applications for businesses to offer greater user experiences through innovative programs. Its Liberty Profile feature offers a simple, lightweight application server to increase developer productivity for application workloads. The fast restart time, small size and easy usability makes this feature handy for building OSGi, mobile and Web applications. Its Network Deployment offers utilization, autonomic health and utilization management for program environments. It features improved developer experience, security, control and operations, enhanced resiliency and intelligent management. It also highlights WAS migration of version to version and tool set for migration from other application servers, tooling bundles including RAD [Rational Application Developer] and Eclipse adapters, Mobile and Web 2.0 tool set to allow enterprise programs for mobile devices. Its integrated tools include WebSphere Application Server Developer Tools for Eclipse, Migration Toolkit and RAD [Rational Application Developer].
Microsoft Office Outlook

Microsoft Office Outlook

Microsoft Outlook is available as a part of the Microsoft Office suite, and a personal information manager from Microsoft. The present version is Microsoft Office Outlook 2010 for Windows and Microsoft Office Outlook 2011 for Mac. Although frequently used primarily as an email application, it also includes a calendar, task manager, contact manager, note taking, a journal and Web browsing. It can be utilized as a stand-alone application, or can work with Microsoft Exchange Server and Microsoft SharePoint Server for many users in an organization, such as shared mailboxes and calendars, exchange public folders, SharePoint lists and meeting schedules. There are third-party add-on applications that integrate Outlook with electronic devices such as BlackBerry mobile phones and with other software like Office & Skype Internet communication. Developers can also make their own conventional software that works with Outlook and Office components using Microsoft Visual Studio. Moreover, Windows Mobile devices can synchronize almost all Outlook data to Outlook Mobile.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .epf ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .epf. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。
FIX .epfファイルアソシエーションエラー

ファイル拡張子のエラーやレジストリの問題を見つけて修正し、最適なPCパフォーマンスを迅速かつ簡単に、安全に復元します。

試す Registry Reviver® 無料。

ダウンロードを開始

コメントを残す

.epfファイル拡張子を修正しました
ファイルアソシエーションエラーを検出して修復し、このファイルタイプがコンピュータで開かないようにします。
今すぐ修正を開始
インストール Registry Reviver®
Copyright © 2019 Corel Corporation. 全著作権所有。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。