ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.dbf ファイル拡張子

開発者: dBASE
ファイルの種類: Database File
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .dbf. ファイル拡張子を持つファイル .dbf 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .dbf ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .dbf ファイル?

dBASEのは、一般的に、保存取り出し、DBF形式で保存されたデータを参照するためのdBASEデータベース管理システムソフトウェアによって実現データベースファイルのために使用されるDBF形式を開発しました。これらのファイルは、DBFが付加された.DBFの延長、及びこれらのDBFファイルの内容は、各フィールドのセットまたはアレイのデータ·タイプに格納されたデータの値の詳細と構造化されたテキストデータから構成されてもよいです。のxBaseデータベース管理アプリケーションは、これらのDBFファイルのサポートを実装するプログラムです。 DBF形式の人気は他のデータベース管理アプリケーションに実装を開始しました。たとえば、Microsoft Accessの2010ソフトウェアは、オープン作成し、DBFファイルの内容を表示するには、Microsoft Windowsベースのシステムのユーザーによってインストールすることができます。 Linuxユーザは、オープン、作成およびUNIXベースのシステム用に開発されたOpenOffice.orgのバージョンとのDBFファイルの内容を変更することができます。 Planamesa NeoOfficeのソフトウェアは、他の一方で、作成、オープンでこれらのDBFファイルの内容を編集するにはMacユーザーによってインストールして使用することができます。

開く方法 .dbf ファイル?

起動 .dbf ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .dbf ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .dbf ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .dbf ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .dbf ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .DBFファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .dbf ファイル

dBase

dBase

In 1980, dBase was published by Ashton-Tate for CP/M, the original developer of the software. It was the first database management system (DBMS) for microcomputer which included the query system which is database engine and the programming language which is forms engine. Some users said that dBase was an excellent interactive ad-hoc manipulation tool because one can easily manipulate, analyze, format and perform calculations while SQL have declarative operations which retrieves data sets from a relational database (RDBMS). dBase' first file format is .dbf. It is recommended by the Microsoft to save dBase file in Microsoft Works so that it can read by Microsoft Excel while its second file type is .dbt. For files with single indexes, dBase uses .ndx, and .mdx for files holding 1 to 48 indexes. The latest version of the legendary relational DBMS is dBase 2.8. while dbDOS 1.5 can quickly and easily work with dBASE III, IV, and V for Windows 32/64 bit operating system. dBase Classic also builds high powered data-driven applications that use the xBase languge and runs on lastest operating system of Microsoft when used with dbDOS.
Pervasive PSQL, dataBased Intelligence dBASE, Rosenvick AspireGold

Pervasive PSQL, dataBased Intelligence dBASE, Rosenvick AspireGold

Pervasive PSQL is an application developed by Pervasive Software wherein it is called a database management system that’s ACID-compliant. It is software mainly used to embed applications wherein different types of applications whether they are packaged software applications use this software. In cases where there is a file-based architecture that enables data partitioning, Pervasive PSQL is optimized for the deployment of software as a service. With this software, the applications have the ability to store data in the form of tables or store them in a non-schema fashion. Operating systems like Windows, , Linux and MAC can run the Pervasive PSQL software and this comes with different editions like the 32-bit and 64-bit editions. This software also comes with additional features such as support for IPv4 and ipV6, page and record compression, agents for data backup, data replication, data auditing, row-level locking, data and over-the-wire encryption, compatibility with cluster environments as well as it supports English and Japanese languages.
FoxPro

FoxPro

FoxPro, a procedural programming language and database management system created by Fox Software, has been widely used even before it was turned over to Visual FoxPro. It still enjoys a strong support from its community of programmers and users up to this day. FoxPro versions 2.0, 2.5 and 2.6 are compatible with Mac, DOS and Windows 3.1 to XP. Version 2.6 is compatible also with Linux and Free BSD, SCO Unix and Windows 2000. FoxPro 2 used Rushmore, an optimizing engine that used indices to look for matching expressions, to accelerate data updating and data retrieval. FoxPro 2 was built originally on Watcom C++ that has its own extensor making it the most up-to-date technology at that time. It could access expanded and extended memory making it able to utilize almost all available RAM [DOS]. If HIMEM.SYS is not loaded, FoxPro enabled a mechanism of using interrupts when extended memory driver is absent. File formats associated with FoxPro: ACT [FoxPro Documenting Wizard Action Diagram], APP [FoxPro Generated Application], DBC [FoxPro Database], DBF [Database File], DBF [FoxPro Table], DBG [FoxPro Debugger Configuration], DBT [Database Text File], DCT [FoxPro Database Memo], DCX[FoxPro Database Index], ERR [FoxPro Compilation Error], FKY [FoxPro Macro], FLL [FoxPro Dynamic Link Library], FMT [Foxpro Format File], FPT [FoxPro Table Memo], FRT [FoxPro Report Memo], FRX [FoxPro Report], FXP [FoxPro Compiled Program], LBT [FoxPro Labeled Memo], LBX [FoxPro Label File], LST [FoxPro Documenting Wizard List], MEM [FoxPro Variable File], MNX [FoxPro Menu], MPR [FoxPro Generated Menu Program], MPX [FoxPro Compiled Menu Program], NDX [dBASE Index File], PJX [FoxPro Project], PJT [FoxPro Project Memo], QPR [FoxPro Generated Query Program], QPX [FoxPro Compiled Query Program], VUE [FoxPro 2.x View Settings], WIN [FoxPro Window Settings], TBK [FoxPro Memo Backup], SPR [FoxPro Generated Screen File], SCT [FoxPro Form Memo] and SCX [FoxPro Form].
Planamesa NeoOffice

Planamesa NeoOffice

NeoOffice was developed by PLanamesa Software wherein it is known as an office suite for MAC OS X. It is equivalent to OPenOffice.org as well as Microsoft Office, but it is exclusively created for MAC OS X as this was conceptualized when there was still no OpenOffice suite available for MAC computers. NeoOffice also includes a word processor, spreadsheet, presentation program, database program, graphics, and a formula program. This office suite also supports a variety of file formats for every application within the suite. For instance, the word processor also supports files created using MS Word, StarWriter, etc. as well as their spreadsheet also supports files created using MS Excel, StarCalc, etc. Neooffice has a lot of features that make users create whatever types of projects using this application easier and more enjoyable such as the NeoOffice Mobile for securely sharing NeoOffice files with other users in their computers by simply publishing a NeoOffice document to the server for NeoOffice Mobile. This allows users from different computers and mobile devices to browse and view these files securely.
dataBased Intelligence dBase

dataBased Intelligence dBase

dataBased Intelligent dBased is a software that manages databases for minicomputers. It is a query system and a forms engine as well as a programming language. The format of dBase files is .dbf. This software was originally design for Control/Program Monitor and was later ported to the Apple II and IBM PC which is under the Disk Operating System. After several years, many companies made their own products which were Foxpro and Clipper. And these new program were much better that dBase. dBase used to make and application for window such as Web applications. An IDE with and Navigator as well as a Command Window would be the feature of dBase, with a preprocessor and an interpreter machine which is virtual. dBase intelligence is also responsible for various graphical user interface such as Form Designer, Report Designer, Menu Designer ,SQl Query designer , a Project that manages upon deploying simplified dBase application, Container, and these objects under dBase can be subclasses by simply adding new properties at the runtime.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .dbf ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .dbf. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。
FIX .dbfファイルアソシエーションエラー

ファイル拡張子のエラーやレジストリの問題を見つけて修正し、最適なPCパフォーマンスを迅速かつ簡単に、安全に復元します。

試す Registry Reviver® 無料。

ダウンロードを開始

コメントを残す

.dbfファイル拡張子を修正しました
ファイルアソシエーションエラーを検出して修復し、このファイルタイプがコンピュータで開かないようにします。
今すぐ修正を開始
インストール Registry Reviver®
Copyright © 2019 Corel Corporation. 全著作権所有。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。