ウェブサイトをできるだけ多くの言語で地域化しようとしていますが、このページは現在Google Translateにより機械翻訳されています。 終了

ファイル拡張子を検索

.wps ファイル拡張子

開発者: Microsoft Corporation
ファイルの種類: Microsoft Works Word Processor Document
あなたがで終わるファイル拡張子を持つファイルを持っているので、あなたはここにいる .wps. ファイル拡張子を持つファイル .wps 特定のアプリケーションだけで起動することができます。それがいる可能性があります .wps ファイルは、それらが全く観察されることを意図していないことを意味するデータ·ファイルではなく、ドキュメントまたは媒体である。

何です .wps ファイル?

WPS形式は、Microsoft Worksのワードプロセッシングアプリケーションの出力ファイルのために使用される。これは内のファイルを意味.WPSの拡張子は、作成、保存、閲覧とMicrosoftはプログラムワークス使用して編集することができ、テキスト文書である。開いて、これらのWPS Word文書の内容を表示するために使用することができる他のアプリケーションは、Linuxユーザーが開いて、これらのコンテンツを視聴するために彼らのシステムにOxygenOffice Professionalをインストールすることができますしながら、MicrosoftのWord 2010のワープロソフトやMicrosoft Publisherの2010ソフトウェアを含み、 WPSファイル。これらのWPSのファイルはテキスト文書であるため、その内容は、テキスト書式属性、ページのレイアウト要素、このような文書のプレゼンテーションのために使用される他の人の間での画像、チャートや表などのグラフィカルオブジェクトを持っていることがあります。 WPSファイルを開くとMacのシステム上でそのコンテンツを視聴するには、ユーザーがPlanamesa NeoOfficeのプログラムをインストールする必要があります。これらのWPSのファイル、特にその内容は、またのコンテンツ開き、閲覧できるアプリケーションでサポートされている他のワード文書フォーマットにエクスポートすることができ.WPSファイルを。これは、より便利で効率的なドキュメント、プレゼンテーショングループウェアのコラボレーションを促進し、異なるシステムおよびワープロアプリケーションのユーザー間で共有することが、WPSドキュメントは、Microsoft Word、Microsoft Worksのマイクロソフト中止サポートと開発で使用可能なマクロや他の書式設定オプションを使用して実装することができないので、バージョン9を使用してアプリケーションおよびMicrosoft Word 2010のリリース。

開く方法 .wps ファイル?

起動 .wps ファイル、または、それをダブルクリックして、PC上の他のファイル、。あなたのファイルの関連付けが正しく設定されている場合は、意味のアプリケーションが開くように .wps ファイルには、それを開きます。それはあなたが適切なアプリケーションをダウンロードしたり購入する必要があります可能性があります。それは、あなたのPC上で適切なアプリケーションを持っている可能性もありますが、 .wps ファイルはまだそれに関連付けられていない。このケースでは、開こうとすると、 .wps ファイルは、そのファイルの正しい1であるアプリケーションは、Windowsを伝えることができます。それ以降、開く .wps ファイルには、適切なアプリケーションを開きます。 .wpsファイルの関連付けのエラーを修正するには、ここをクリックしてください

開くアプリケーション .wps ファイル

Microsoft Works

Microsoft Works

Microsoft Works is incorporated package software that was developed by Microsoft. It is less expensive, smaller, and has fewer features than Microsoft Office or other office suites. Its central functionality includes a word processor, a spreadsheet and a database management system. Newer versions have a calendar application and a dictionary while older versions included a terminal emulator. Files with WPS extension is utilized for output files of the Microsoft Works word processing application. These files are classified as text documents that can be created, saved, viewed and edited using the Microsoft Works program. Microsoft Word 2010, Microsoft Publisher 2010, Planamesa NeoOffice, and OxygenOffice Professional are some of the applications that are able to open and view the content of these WPS files. The contents of these WPS files can also be exported to other compatible word document formats. This promotes convenience and efficient document presentation, group collaboration and sharing between users of different systems and word processing applications; however, WPS document cannot be applied with macros and other formatting options available in Microsoft Word; so Microsoft discontinued support and development of the Microsoft Works application with its version 9 and the release of Microsoft Word 2010.
Microsoft Write

Microsoft Write

Microsoft Write (MS Write) software is a word processing application, created for earlier versions of Microsoft Windows, and has a new counterpart word processing program, the Microsoft WordPad, which is bundled with later versions of Microsoft Windows. It uses files with .wri extension as output files that are generated by the software. These files are word documents and MS Write can develop its visual presentation with the use of .wri documents where users are able to format and make layouts. Early versions of Microsoft Works application as a word processing software can be utilized to open and view the contents of .wri format. Other applications that are able to open and view .wri files are Corel WordPerfect Office X6 and some word and text editors for Microsoft Windows based system, such as Microsoft Word 2010, Microsoft Notepad, and Planamesa NeoOffice application or the so called Microsoft Word 2011 in the Mac version.

戒めの言葉

上の拡張子の名前を変更しないように注意してください .wps ファイル、またはその他のファイル。これは、ファイルの種類を変更することはありません。特殊な変換ソフトウェアを別のファイルタイプのファイルを変更することができます。

ファイルの拡張子は何ですか?

ファイル拡張子は、ファイル名の末尾の3つまたは​​4つの文字の集合であり、この場合には、 .wps. ファイル拡張子は、それがファイルのタイプを教えてくれて、それを開くことができますどのようなプログラムは、Windowsを教えてください。あなたがファイルをダブルクリックすると、プログラムが自動的に起動するように、Windowsは、多くの場合、各ファイルの拡張子を既定のプログラムに関連付けます。そのプログラムがPC上でなくなったときに、関連付けられたファイルを開こうとすると、時々エラーを取得することはできません。
FIX .wpsファイルアソシエーションエラー

ファイル拡張子のエラーやレジストリの問題を見つけて修正し、最適なPCパフォーマンスを迅速かつ簡単に、安全に復元します。

試す Registry Reviver® 無料。

ダウンロードを開始

コメントを残す

.wpsファイル拡張子を修正しました
ファイルアソシエーションエラーを検出して修復し、このファイルタイプがコンピュータで開かないようにします。
今すぐ修正を開始
インストール Registry Reviver®
Copyright © 2019 Corel Corporation. 無断複製を禁止します。 利用規約 | プライバシー | Cookies
私たちに従ってください。